兵庫県川西市で遺言書による相続登記

お問い合わせはこちら 24時間WEB予約

兵庫県川西市で相続登記のご相談

兵庫県川西市で相続登記のご相談

2022/06/24

ブログの閲覧ありがとうございます。兵庫県川西市の司法書士三宅総合事務所です。

今回は、遺言書による相続登記と遺言執行者としての業務について、アップしたいと思います。

 

遺言執行者として、配偶者など親族が選任されている場合、遺言で全財産を配偶者に相続させる場合においても、遺言執行者としては、被相続人が再婚などの場合で、他にご子息がいたときには、当該ご子息にも遺言書財産の内容の開示が必要となります。これは、相続人の手続き保障の観点からであり、直接的に遺留分支払い請求の行使の権利があるからです。

 

では、法定相続人が遺留分が無い兄弟姉妹、甥姪の場合は、どうでしょうか。

この場合に置いても、条文(改正民法第1007条2項)が「遅滞なく、遺言の内容を相続人通知しなければならない」としていることから、遺留分に関係なく、法定相続人全員に通知をしなければなりません。親族が遺言執行者の場合、概して、全員への通知は行われていないものと思いますので、民法の規定も記載しました。

遺言による相続登記では、配偶者が相続する場合は、死亡時の戸籍謄本附票を添付すれば、相続登記は完了しますが、現実には被相続人の出生時からの戸籍謄本と法定相続人全員の戸籍も取得して、通知もしたうえでの相続登記となります。

相続手続きを正式に進めるため、川西市司法書士をお探しならば、司法書士三宅総合事務所にご相談下さい。

----------------------------------------------------------------------
司法書士 三宅総合事務所
〒666-0035
住所:兵庫県川西市花屋敷1丁目10番3号
電話番号 :072-755-0377                                             

 


的確な相続・遺産整理を川西市で

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。